松本電工

安心安全の電気設備設計施工

高電圧真空遮断器絶縁不良

自家用変電設備の真空遮断器が絶縁不良ということで交換を行いました。放電の痕が確認できます。放電によりオゾンが発生、酸化作用によってボルトも錆びてしまったと考えられます。絶縁不良という測定結果が現象として表れており、測定点検の重要性が分かります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です